<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:18/10/17

よく「夕方遅く食べると太る」と言われていますが、
それは自律神経に関係しているみたいですね。

そもそも自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、
呼吸器や循環器、消化器などに大きく関わっていますが、
夕方に太りやすい理由は、この副交感神経の特徴にあるようです。

まず、主に午後間に働くのが交感神経です。
交感神経の影響で、
午後はエネルギー消費されやすく、胃の働きや消化が活発になります。

一方、夕方は副交感神経が働いて、
腸が栄養を吸収して脂肪として蓄えようとします。

この副交感神経の関係で、
夕食の食べ過ぎや、
食事の後2時間たたないうちに寝てしまったりすると
太りやすくなるんです。

そうはいっても、さまざまな事情で
夕食が遅くなることもありますよね。

そんなときは夕食前に「間食」をとり、
夕食は野菜中心の低カロリーなものにしてみましょう。

夕食までの時間が長いと、
我慢することによりドカ食いしてしまう危険性がありますが、
間食をとっておくことで暴飲暴食を防ぐことが出来ます。

間食には高カロリーのお菓子ではなく、
脂質が少なくて、お腹が満足しやすいものにしましょう。

おにぎりやを果物はじめ、
ヨーグルト・野菜スープ・低カロリーのこんにゃく製品などは、
手軽に食べられて満腹感が得られるのでおすすめです。

賢く間食を利用して、
身体にやさしい夕食を心掛けてみてくださいね。

そして、
ダイエットのためにも、
食事は就寝2時間前には済ませるように心がけましょう。




レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D